柳川市・みやま市( 瀬高町/ 山川町) の医療機関・日曜祭日の在宅当番医情報【一般社団法人 柳川山門医師会】

柳川看護高等学校

看護専修高等学校を歩いてみよう!

教育理念

少子高齢化、環境破壊など社会が大きく変化する中で、人々の健康に関わる看護職に求められるものも変化し、看護教育は高度な専門性が求められている。 そのような中で准看護師教育は、倫理に基づき、安楽に配慮し、安全に看護実践ができる基礎的能力を養うことが目標とされている。
そこで、本校では准看護師教育を、「初めて看護に出会うところ」と位置づけ、生命の尊厳と個々の人格の尊重を根源においた看護の本質の理解を中心におく。 また、誇りをもって看護にとりくむため、自己の成長を願い、自らを教育する力をつけたいと考えている。
そのために、個々の生徒の「内面の学び」を大切にして、生徒自身が「学ぶことの楽しさ」に気付くよう働きかけ、一人ひとりの段階的成長を図る。

教育目的

生命の尊厳と個々の人格の尊重を基盤とした豊かな人間性を育み、看護の本質の理解と専門知識・技術の習得により、 医療・福祉の分野において人々の健康の向上に貢献できる准看護師を育成する。

教育目標

  1. 1)社会人としての規範を身につけ教養を深める力を育む。
  2. 2)個々の対象のおかれている状況を理解し、個々の対象を尊重し必要な看護の実践ができる能力を育む。
  3. 3)基本的知識を習得し、科学的根拠に基づいた援助技術を安楽に配慮し安全に実施することができる能力を育む。
  4. 4)誇りと責任感をもち、自己研鑽に励む力を育む。

期待する卒業学生像

  1. 1)患者の状態とその変化・苦しみや家族の不安・苦しみなどを感じとることができる。
  2. 2)患者の訴えを聞いたり、自己の考えを相手に理解できるように表現することができる。
  3. 3)患者の訴えたこと、感じとったこと、観察したことの意味を考え、どのような援助が必要か判断することができる。
  4. 4)より快適な日常生活が送れるように、又、診断・治療を受ける患者及び家族への援助ができる。
  5. 5)実施したことが看護であったかどうかを考えることができる。
  6. 6)疑問点や反省点についてすぐに調べたり、解決策を考えることができる。
  7. 7)社会の動向に興味をもち、視野を広めることができる。
  8. 8)日々の生活の中で自己をコントロールすることができる。

沿革

昭和44年4月
「柳川山門医師会准看護学院」 開校
1学年30名定員 3学期制
昭和52年4月
「柳川山門医師会看護高等専修学校」 名称変更
1学年45名定員
昭和58年4月
2学期制へ変更
平成14年4月
1学年40名定員へ変更
平成26年10月
新校舎竣工
平成30年
3月までの卒業生 2014名(内男子242名)

学校内の風景

ラウンジの写真
ラウンジ
看護実習施設の写真
看護実習室
図書室の写真
図書室
図書室の写真
図書室

実習先の病院

実習先の病院

  • ・社会医療法人 弘恵会 ヨコクラ病院
  • ・一般財団法人 医療・介護・教育研究財団 柳川病院
  • ・医療法人社団 新光会 不知火病院
  • ・医療法人 幸栄会 二宮医院
  • ・みたむらクリニック
  • ・医療法人 木村回生医院
  • ・保育園(柳川近郊:7ヶ所)

見学実習施設

  • ・特別養護老人ホーム ありあけ園
  • ・久留米大学医学部解剖学

卒業後の進路

主な進学先

  • ・八女筑後看護専門学校
  • ・大牟田医師会看護専門学校
  • ・久留米医師会看護専門学校
  • ・佐賀医師会立看護専門学校
  • ・医療福祉専門学校 緑生館
  • など

主な就職先

  • ・ヨコクラ病院
  • ・金子病院
  • ・長田病院
  • ・船小屋病院
  • ・森整形外科医院
  • ・甲斐田医院
  • など

柳川山門医師会看護高等専修学校に
関するお問い合わせ

0944-72-8086
受付時間:9:00〜17:30(土・日・祝は除く)
住所:〒832-0827
   福岡県柳川市三橋町蒲船津1401番地10

アクセス

西鉄電車

柳川駅下車(徒歩5分)

西鉄バス

柳川駅下車(徒歩6分)

堀川バス

下百丁下車(徒歩約2分)